ヒマの過ごし方帖。

人の数だけヒマはあるのだ。

ひとつだけ うそじゃない 愛してる。

「アイドルに自我を持たせたらダメ」


倖田來未はどうなるの?
倖田來未ってもちろん振り付けも楽曲も他人に作ってもらってる(定義上は)"アイドル"だけど、ちゃんと自我持って上手いことバランス取りつつそれなりに売れてるし。
俺は彼女の曲はそんなに聞いたことないし、あんまり興味も無いけどそこはエライなぁと買ってる部分。
アイドルに自我を持たせたら落ちぶれる一方なんて言い切り方は出来ないはず。



そもそもこの人の「アイドルの定義」ってなんだろう?
この文章を見る限りでは、「インストトラック、ノイズ音色の多用、シンプルな音作り、カタナカ語(?)の消滅」らしいけど。
(そもそも詞のカタカナ語の有無って着眼点がもう・・・w)
でもこれって全部ヤスタカがやってることだし、Perfumeは十分彼の手中にあると思うんだけど。
声を加工して切り貼りしてるなんて、彼女のたちの意志のかけらもないじゃないw
ここで「普通に歌わせてくれよ!」ってならそれは自我が存在してるけども。


あとアイドルのくせにインストかよ・・・って考え方もちょっと古くさいというか。
宇多丸さんの言葉を借りれば、
「女の子がこの超カッコいい音楽に乗せてかわいく踊ってるとか、
要するに、アイドルでしか表現できないところがあるからアンテナに引っかかったんで、単にカッコいいハウスミュージックやクラブミュージックが聴きたいんだったら、別にそんなのはほかにいくらでもあるわけだと。
アンダーワールド(英国の男性テクノユニット)でいいわけ。ハゲのおっさんがこうやって踊ってればいいわけ。」


まぁ「遅ればせて聴いた」時点でもともと好きじゃない人なんだなぁって考えたらどうでもいいとさえ思えきたけど。




この人がアイドルに何を求めてきたかがわからない。
松浦ヲタって言ってるけど、松浦のどこに惹かれたのかがさっぱり。
ただこの人に一つだけ同意できるのが「アーティスト>アイドル」って考えへの嫌悪。
でもそうやってアイドルの箱庭状態を作ってきたのはアイドルヲタなはず。
「売れるとアーティスト。アーティストはみんなのものだから、もう俺だけの○○ちゃんじゃない。ファンやーめたっ。」ってバカで擬似恋愛対象丸出しで安易な考えをしてるヲタが増えたからでしょーが。




現状維持、現状維持って言ってるけど、
おニャン子秋元康が「アイドルはおっさんが作った偶像なんですよー。本当は普通の女の子なんですよー。」って種明かし的な遊びをして以降、
アイドルだって普通の女の子なんだって考えてる人が昔に比べて増えたと思ってたんだけど、まだそんな戯言を言ってる人が居たなんて・・・。





色んな偶然が重なってポリリズムがポンと世に出て、トライアングルも売れ、ツアーやって。
さぁ今頂点に居るけどもこれからどうしようか、1等賞取ったら落ちぶれるだけでこれからどう頑張っていこうかってところでは、


「はじまりのおわり」


が正解な気がする。
序盤戦は終了。これからが見所なんじゃんか。





Perfumeのおわりのはじまりが始まる
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=925228&media_id=85




・・・って一通り殴り書いた後、元記事のコメントを見たら俺と同じようなことを書いてる人が多数居たw
違う違う!パクってない!w
俺の意見だからw


SMAP解散説」みたいにこういう記事が年1ペースであると高まりますね!