ヒマの過ごし方帖。

人の数だけヒマはあるのだ。

人混みに紛れて気づかなくてもいい。

AKB48「RIVER」


ジャケットの篠田さんの「ちょけ顔」にグッとくる。
手足ストンプで始まる曲といえば、ひまわり組1stの「Dreamin' girls」を思い出したけどあれとはちょっと感じが違うか。
今回は、高橋が持ってったな〜。
ニゾン部分だとたかみなの声しか聞こえないんじゃないかってぐらい。


AKB48が「1対1の恋愛モノ箱庭ソング」とか「青春謳歌ユニゾンでわいわい」みたいな曲じゃなくて、自らの置かれてる状況を詞にするってちょっと今まであったかな?なかったかな?ぐらいの印象。
制作陣がそのアイドルの置かれてる現状を歌わせるという"遊び"がすごく面白いはずなんだけど。
もっと言うと、秋元康ってそういう詞を書くのがすごく得意そうに見えるけどAKB48はあんまりやってこなかったイメージ。
(もっともPerfumeの「コンピューターシティ」ほど物語性を感じさせられるものかと言われればそうではないけどw)
ファン目線の箱庭アイドルソングな歌詞が多かった感じがする。





AKB48アンダーガールズ君のことが好きだから


メンツは「RIVER」よりも個人的にこっちのが好きw
高城、倉持、指原、仁藤、松井Rってまた俺のために作られたみたいだなw
配信限定曲「Baby!Baby!Baby!」ほど露骨ではないものの、
「愛とは返事も求めない声さ 一方的に送るもの」ってフレーズから察せるように上でも述べた「ファン目線の〜」か。
悪くない。悪くはないんだけど、Perfume「シークレットシークレット」の『斜めから恋をしてる』って一撃必殺技ほど威力はないかなって感じ。


しかし、クレジットの「作曲:織田哲郎」は二度見してしまう。
織田哲郎ってA面級の作曲家だぞw
やっぱりちょっとメロディが古クサいんだけど、ヒットメーカーの巧妙さか、メロディが覚えやすくて変に頭に残るんだよなー。
まぁでもこの"モヤモヤ"こそがアイドルソングの妙であり魅力であり魔力というか・・・。
「あれ?俺はなんでこんな曲が好きなんだろう?」って東方神起の曲の名前みたいな変な感じになっちゃう。
「やみつき」ともまた違う表現がしたい感じ。
アレンジは「言い訳Maybe」に引き続き、野中“まさ”雄一
この人って井上ヨシマサに次ぐぐらいAKBの楽曲制作に携わってるけど、どうしてもどの曲もアレンジが似通ってきちゃう分、メロディーにすごく助けられてると思う。
織田哲郎さすがだなーとか思ったり。
ただ『だ・い・す・き!』と『よ・ろ・し・く』のコーラスの入れ方は究極にダサいぞ!www


でも、AKB48の曲の中で胸張って好きだと言える曲がまた1つ出来た。
まさに"B-side wins again"(by Public Enemy)です。


PVも◎。





AKB48シアターガールズ「ひこうき雲


ファーム丸出しのメンツが何とも「燻ってる感」を醸し出してて俺は嫌いじゃないけどなーw
PVは劇場か。アレンジはペッナペナ。
というかトラックより何より、「おいおい、飛び跳ねてハンカチ振り回してるような感じじゃないだろ・・・」ってぐらい歌詞が悲しいw


ちなみに今回の特典DVDのおすすめの見方は以下。
ひこうき雲」→「君のことが好きだから」→「RIVER」。
つまり逆順で見ることで、映像、楽曲、集団芸としてのクオリティやメンバーの質にだんだんテンションが上がる作りになってます。
正順で見ると萎えてくるw
シアターガールズの陳腐さに泣けてくるw
もしかしたら今回のシングルは「(川の)流れに逆らって見てね。」というメタファーなのかも知れませんね。違うね。