読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマの過ごし方帖。

人の数だけヒマはあるのだ。

はじめて君としゃべった。

はじめて。


人間は歳を重ねて様々な経験をしていく中で、色々な「はじめて」を失い、ガバガバで穢れた大人に成長していくものだと思ってます。
そんな大人のチーム研究生真っ最中の僕が、今日の早朝に大きな「はじめて」を失いました。


東京で1人でタクシーに乗りました!はじめて!


予約した時間通りに来なかったのが苦いですが、電車から見る風景とはまた違った夜明けのトキオは人も車も少なく、連日の暑さじゃ考えられないくらいどこか涼しげな印象でした。
とは言っても超眠いからあんまり外の景色見てないし、車内も密室でガンガンにエアコンが入ってたので確かではないかも知れませんが。


あと運転手さんがずっと「乳首にニップレスを貼ってないと落ち着かない」といった話をしてくれました。
もしこの人がニップレス貼らずに仕事してたらどエラい事故に巻き込まれるだろうなー、と思うとニップレスのありがたみを感じます。
ありがとうニップレス。


「はじめて」を意識すること、「はじめて」に触れた時の感覚を忘れないようにすることは大事だなと思います。