読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマの過ごし方帖。

人の数だけヒマはあるのだ。

結婚しようよ。

桜組−12/5。
前日のイベントで、一連のボイコット騒動を受けてか会長に脅迫文が届いたことを公言したらしい。
「西山会長!頼む!死んでくれ!佐野(元ミス日本)を道連れに!地獄の使者より」
それをプリントアウトしたものなのか、実物なのかをクリアファイルに入れて見せびらかす会長。
なんともテメオコ臭の強い、いわゆる"春の使者"が書いたであろう文面に会場からは笑いが。
(でもフォントがポップでなんだかカワイイ仕上がりに。)
遠目だから確認できなかったけど、文章の下の方に地獄の使者オリジナルのオレンジ色のロゴがありました。
そのロゴ、物販でシールと缶バッジにして売ろうぜ。
あと新曲は「地獄のくのいち」ね。

新曲と言えば、前日初披露だったメイドユニットの「忍法愛のトラップ」をこの日初めて聞きました。
80'sテクノ歌謡。イントロのフレーズがまんま「ロマンティックあげるよ」だったりカワイイ音色で作られた曲でした。
どうせメイド曲でCD出すんだったらこれ入れて欲しかったなー。


忍者3曲では、りのちゃんがスカートを上げすぎで、アンダースコートが丸見え。ワカメちゃん。
さらに言うとクォータオーパウンダー並にケツがはみ出てる。
芹那のGAGAGA衣装のそれとは違って、もちろん本人の意図だったり承知の上でってことでないのでなんだか罪悪感。
でもやっぱりガン見。
群馬県渋川市が生んだクォーターパウンダー
佐世保バーガーより流行るかもしれません。

新メンバー桜ななちゃん。
パフォーマンス中は笑った顔がめちゃめちゃ千原せいじ似でまさに"残念"だなーとか思ったけど、物販の時に近づいて顔見たら全然そんなことなくてカワイらしい女の子でした。
是非美月(あやのの妹)のことを「ジュニア」と呼んであげてください。

1ステと2ステ間の客転換のために外にでたら、入り口で夏美ちゃんがCDを手売り。
夏美ちゃんはファンとの間で何かがあったらしく、〜月〜日のイベントを最後に謹慎していたが、この度復帰。
・・・こ、このタイミングで復帰?
それって休演メンバー(謹慎&ボイコット)のための補充じゃ・・・。

会長の出番が減ってました。
曲紹介もメンバーがやってるし、マジックタイムも無し。
あれが醍醐味なのに。
普通にアイドルイベントやったって他と似たり寄ったりになっちゃうよ。
でもやっぱりヲタ心理としてはおじいさんより女の子みたいのかな。


物販タイム。
めいちゃんは顧客いそうなイメージだけどそうでもなかった。
売る意欲があまり見られなくてスタッフに「ほら一生懸命売らないと」みたいな感じで耳打ちされてた。
俺もCD欲しかったけどモジモジしちゃった。というかずっとヲタと話してて買いづらかった。
めいちゃーん!ボイコット事件の救世主はお前だー!
わー!結婚してくれー!←