読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマの過ごし方帖。

人の数だけヒマはあるのだ。

うまい具合に世の中とやって行くこともできない。

あけましておめでとうございます。


普段そこまでマンガを読む人間でないのに、面白いけど読むのにすげー疲れて嫌な気分になる(注:という面白がり方なんだよ!)マンガばかりに当たります。
モテキ」とか。


正月早々まとめて買った「惡の華」がかなり心にグサリとキテしまって、読み終わった後、間違ってキスミントを飲み込んでしまいました。

テイスト的には「すんドめ」に似てるんだけど、あのマンガよりは露骨な性描写が余計に無いあたりがもっと変態性を帯びてて感情を掻き回されました。
俺もココロがグチャグチャで危うい思春期過ごしてたもんなー。
鬱屈した青春を過ごした人はちょっとしたあるあるマンガなのかもしれませんが、部活に勉強に楽しく学校生活を送っていた人はどんな感想を持つのかすごく興味があります。
やっぱり気持ち悪いって感じるのかなー。


ちょっと前に知り合いと飲みながら、「アメトーーク」のいわゆる"括り企画"は、共感できるかできないかで楽しみ方が全然違うという話をしました。
(というか、そのカテゴリに自分が属さなくても楽しめるって結構すごい)


例えば、「お酒飲めない芸人」。
僕はお酒が全く飲めないので、『酒が飲めないことが分かると二回目の以降の誘いが無くなる』とか『"これほとんどジュースだから!"じゃねーよ!』とか『店変えてまた飲む意味が分からない』とか、全部"あるある"で楽しめるんですが、
お酒が普通に飲める門外漢は、「共感はできない、けど"勝手に熱くなってそのカテゴリについて語ってる"様が面白い」という状態だと思うんですよね。
(触れたことのないマンガの企画はそんな感じです。)


だから「モテキ」みたいな、あるあるのカタマリみたいな映画を、そういうとこに属してなかったようなカップルや友達同士で来ていた女性が鑑賞して何を思ってんのかがすごく気になってます。


そんな歪んだ青少年は東京に来てすっかり丸くなりました。
毎日がスペシャル!(竹内まりや)



以下、告知です。
2つほど。

      • -

「ナンセンスPresents大喜利ライブ『ホームシック』企画会議」
2011年1月4日(水)19時〜(予定)


【出演】
ナンセンス
エンブン
クンチャージ
うわっくせー!
はなぢぶー



配信URL:http://t.co/I94X53g
Twitterhttp://twitter.com/homesicklive
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/homesicklive/


いよいよ本日です!
楽しいと思います。
晩御飯時ですが、よろしくお願いします。



      • -

ハガキ職人ナイト! 13」
【開催日時】2012年3月4日(日)
開場14:00 開演15:00 終演18:00
(各時刻は予定)


知らない間に次回の開催が決まっていました!
こちらも楽しみですね!




諸々よろしくお願いします!