ヒマの過ごし方帖。

人の数だけヒマはあるのだ。

外出メモ。8/4~8/14 女塾オールスターズ、つりビット、HR

外出メモ(8/4~8/14)

 ■8/4【女塾オールスターズ@ヨドバシカメラ吉祥寺】

野呂さんが売れに売れてしまって、大堀さん無き今、元SDN一強ですっかり安心していた僕が、下民の現場を見に行ってきました。

売れないには売れないなりの理由があるのかな・・・と思わせるような、大して面白くもないような楽屋ノリのボケを散々歌ってるときにかましているメンバーがいて、「今、思えば野呂さんも昔はこういう感じで見てて苦しかったなぁ~」みたいなことを思い出しました。

客もそれを見て特に笑ってるワケでもないというのがまたコクを生み出していた。

あと「ラッパーと過ごした2年間の日々」というタイトルだけで、何かを期待した俺がホントにバカだった。

もうそういう"チェケラッチョ的ラッパー"像、古いっつーの!

「チェックチェック1,2 / チェックのシャツを着た人が好きー」のとことかもうゲボ。ゲボゲボ。

後味悪い帰りは、一風堂・吉祥寺店で回復。

 

 

■8/5【つりビット@タワレコ渋谷】

「東京観光で渋谷のCDショップに来たら大きい音が鳴ってて、ジャップガールが踊っているので少し見るとするか」 的な外国人かと思ったら、イベントが終わった瞬間にレジ前に置いてあるつりビットのCDをごっそり両脇に抱えて、ニコニコでカウンターに持っていくもんだから衝撃的でしかなかった。

 

 

■8/14【HR 5周年記念公演@イムズホール

 そこそこのホールなんだから、普通にプレイガイドで売るとかすればいいのに、手売りと取り置きだもんで、普通クラスの席種をキャパより多く受けすぎたらしく、何回そのお詫びと案内が書かれているブログを読んでもよく分からない段取りで、来た時点で心が折れまくり。

「●●(メンバー)しか!」ってそのメンバーに落書きされたHRのTシャツを着た男が、めちゃくちゃエロい格好の女(たぶんあんまりアイドルに興味ないんじゃないかな?)とイチャイチャしていて、ずっとその女のケツ(パツンパツンマイクロミニ)を見ていることが心を落ち着かせていた。

 

 開演前に物販の時間があって、物販列に並ぶことができるギリギリの時間に入ったこともあって、相変わらず長蛇の小林先生レーンに「開演までに間に合うのかなぁ・・・」という心配も無用だったほどにグイグイ進む。

蟻が歩むペースでちょうどいいくらい。

 

 仕切りのない長テーブルにズラーッとメンバーが並んでるので、普通にしゃべるボリュームではなかなか会話しにくいのか、俺の前にいた皮脂まみれのベトベト白髪モンスターにも超接近していて、「先生」という肩書では足りないぐらいのリスペクト。

 

 その後の会話も「変態」呼ばわり。

 

 でも、さすが先生エラいなと思ったのは、長蛇を見越してあらかじめサインだけ書いておいた写真(あとから個別にちょっとしたメッセージや宛名が入る)を重ねていたせいで、生乾きのインクが写真の裏についてたんですね。

その汚い写真をわざわざ省いて、キレイなのを選んで客に渡してるんですよ。

こう文章にしたら、「客商売だったらそんなの当たり前じゃん」って感じだけど、ティーンの物売りなんてオタクが相手だったらその辺結構テキトーじゃないですか?(偏見?)

「いやー、もう先生、500円なんて先生がアイドルでいるためのお布施みたいなもんですから、僕ごときが写真のキレイさなんて気にしてませんよ・・・」って感じだったんだけど、先生のすごさを改めて感じた。

 

 これを本人にファボられていたのがすごく恥ずかしい。

「先生」って俺が呼んでるの、もしかしてバレてるのだろうか。

 

 本当にこれにつきる。

先生も今年で大学4年生だし、年内に何らかの動きはあるだろうと思っていて、大きいライブで辞める発表するならこのタイミングかなぁって感じだったけど、何もなかったな。

アナウンサーになりたいって言ってたけど、就活うまくいってるのかしら・・・。