ヒマの過ごし方帖。

人の数だけヒマはあるのだ。

2016年6月に聴いた音楽。AKB48(Team A)、Team K from CYBERJAPAN、平井堅、サ上と中江と深瀬、仮谷せいら、大瀧詠一

2016年6月に聴いた音楽です。

 ■Set me free / AKB48(Team A)

(「翼はいらない」収録)

最初のエレピにヤラれます。タイトル曲のフォークソング路線との対比でさらに輝くこのカップリング。歴代チームAのカップリング曲はほぼすべてカッコいい。すごくいい。

 

 

■Super Girl / Team K from CYBERJAPAN

"黒ギャル"に対する世のイメージといえば、「不潔そう」「公演の隅でパラパラ練習」「度が過ぎたメイク」など、あまりイイものとは言えないようなのばかりだったけど、まさにその逆を行く黒ギャル(エロい!健康的!ユーロビートよりはやや洗練されたEDM)の登場にどうみんながリアクションするのか、これが結構楽しみだったりします。

いま働き盛りぐらいの男性は、(性対象に見られにくい)いわゆる"ヤマンバ的な黒ギャル"とは全く別物として、すでにAVでこういった「黒ギャル桃源郷」が作られているので、割と驚くことはないのだろうけど。

CJDのイイと思うところは、(セクシーな水着で歌って踊るとか)エロと寄り添っていながら、健康的な見せ方を確立させようとしているところ。

売れてもエロは手放さないでほしい!

 

 

 

■Plus One(KSUKE Remix) / 平井堅

(「魔法って言っていいかな?」収録)

Plus One (KSUKE Remix)

Plus One (KSUKE Remix)

  • 平井 堅
  • J-Pop
  • ¥250

 原曲よりも素晴らしい。

リミキサーのKSUKE氏はULTRAでもDJをするような生まれながらのスターらしく、アー写も細身の金髪でカッコいいの。全部持ちすぎ!真性包茎だったりしないかな。

 

 

■My Home Town / サ上と中江と深瀬

リリスク「S・T・A・G・E」やLinQ時代のソロ曲「N and F」でもラップをしていたことはしていたんだけど、正直もう少しガッツリ聞いてみたい!という願望は昔からあって。

それが今回ちゃんと実現したのでめちゃくちゃうれしかった。最高だよ。

 

 

■Colorful World / 仮谷せいら

せいら氏は歌い手である自分が持っている雰囲気の"素朴さ"をちゃんと理解していて、それをしっかり手放さずに詞を書いている気がする。だからポップスにありがちな多少抽象的な表現でも、聴けてしまうんだろうか。

 

 

※2016年6月に気づいた曲

■針切じいさんのロケン・ロール / 大瀧詠一

(「DEBUT AGAIN」収録)

この曲について、まず大瀧詠一が作っていたということと、さらに元ネタ(Sheb Wooly「The Purple People Eater」)があったというのをこのCDが出て初めて知った。